パンくずリスト
  • ホーム
  • ラブファンタジー
  • 最強の王様、二度目の人生は何をする? ネタバレ138話│クレア・ブレードハートの恐怖と矜持

最強の王様、二度目の人生は何をする? ネタバレ138話│クレア・ブレードハートの恐怖と矜持

ラブファンタジー
この記事は約 4 分で読めます
最強の王様、二度目の人生は何をする? ネタバレ138話│クレア・ブレードハートの恐怖と矜持

 

 

漫画「最強の王様、二度目の人生は何をする?」138話を読んだのでご紹介します。

この記事は文章だけのネタバレ記事なので、画をご覧になりたい場合はピッコマでどうぞ♪

 

目次

最強の王様、二度目の人生は何をする?138話の見どころ

 

今回は懲戒委員長クレア・ブレードハートのお話です。

 

覚醒したイライジャによってバリアに穴があきました。今が攻撃のチャンスです。しかしクレアはその勇気が出ません。

 

ブレードハート家の人間として、懲戒委員長としてクレアは決断しました。

 

≫≫「最強の王様、二度目の人生は何をする?」137話はこちら

 

 

 

最強の王様、二度目の人生は何をする? 138話のあらすじ(ネタバレ注意)

 

138話のあらすじをざっくり紹介しますが、ネタバレを含みますのでワクワクして読みたい!という人は飛ばして感想・考察を御覧くださいね。

 

迷いを捨て鼓舞するクレア

 

「謙虚な心・忠誠・固い意志・勇気」これらの言葉は、クレアが意味を理解する前から植え付けられてきたもの。

 

それが剣のような鋭い心を持つために必要な4つの性質だと教えられてきました。それはまさにブレードハート家の信条なのです。

 

クレアはどんなことがあってもそれは守られると信じてきました。眼の前の惨状を目にするまでは…。

 

イライジャがバリアを破壊して今が反撃のチャンス。しかしクレアの足は一歩も前へ進まないのです。4人の教授がバリアの方へ向かっていきました。その中にはグローリーの姿も。

 

その行為は命を捨てに行くようなものです。クレアは無意識に愚かな…と漏らしました。

 

そのときカーティスが自分たちはどうするべきかとクレアに訊ねてきます。懲戒委員長のクレアの判断に従うというのです。

 

教授たちに任せておけば良い、みすみす命を捨てるようなことをする必要はない…頭の中で囁く自分を感じます。クレアは振り返り、鐘楼の方へ目を移しました。

 

ドラネーヴがイライジャを抱きかかえて石台を上っています。あっけなく倒されたテオドールや無惨に殺された生徒たちの姿。そしてバリアの中へ入ろうとしている教授たち。

 

グローリーと目が合いました。覚悟を決めたような表情で、小さく笑みを浮かべるグローリー。クレアは剣を抜きキシラスのために戦うと宣言しました。

 

立ち去るドラネーヴ

 

ドラネーヴはルーカスに計画の変更を告げました。イライジャを連れて先に立ち去るというのです。バリアに入ってくる愚か者とテシアたちを始末して、ルーカスも後を追うように命じました。

 

ルーカスはなぜイライジャなんかを連れて行くのかと詰問しますが、たかが道具が問いかけるなと一蹴されます。ゲートの準備ができると、ドラネーヴはイライジャを抱えたまま歩き出しました。

 

教授の一人がドラネーヴに向けて攻撃をしかけますが、ルーカスがそれを蹴散らします。苛立たしそうに火の魔術で攻撃を繰り出しました。

 

ルーカスの圧倒的な力で教授たちは劣勢に追い込まれます。グローリーがルーカスとの距離を縮めました。しかしカルト教団の生徒たちがルーカスに加勢します。

 

一斉攻撃にグローリーもあわやと言う時、クレアとグレイダー兄妹を先頭に生徒たちが加勢にやってきました。逃げるよう告げるグローリーに、今までの授業は実践のためでしょうと返すクレア。

 

ふと見ると、カイがゲートへと向かっています。クレアは裏切り者を逃してなるものかと駆け出しました。そのとき、地中から何本もの槍が突き上がり…。

 

クレアが最後に見たものは

 

カルト教団が魔術でピアノ線のようなものを放ち、クレアは身動きが取れなくなってしまいます。その隙きにもカイがゲートを潜ろうとしていました。

 

クレアはグローダーに跨ったカーティスとキャサリンが、何かを叫びながら近づいてくることに気付きます。しかし音が聞こえません。

 

カイを追うよう言おうとしたとき、クレアの口からは鮮血が吹き出します。視線を落としたクレアが見たものは、自分の胸を突き刺す土の槍でした。

 

クレアの体は宙吊りになっています。カーティスが助けを呼ぶから待っていろと叫んでいました。そのとき、大地を揺るがすような咆哮が響き渡ります。誰もが目を見張りました。

 

ドラゴンが現れたのです。クレアはドラゴンの前に立っているアーサーの姿を確認しました。

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?138話の感想と考察

 

クレアは命を落としてしまうのでしょうか。土中から現れた槍は土だったので、イライジャのモノとは違うと思いますが…。

 

ブレードハート家門の人間としてクレアが下した判断は、結局彼女を死に近づけてしまったんですね。なんとも皮肉な…。

 

イライジャはドラネーヴに連れて行かれてしまいました。大事そうに抱えていたから人質というわけではないでしょう。やっぱり他大陸の重要人物みたいですね。

 

最後アーサーが現れました。ものすーーーっごく怒ってます。その怒りのオーラは凄まじいものだと想像できるほど。

 

シルビーはドラゴンの姿を明らかにしたんですね。アーサーにとってもシルビーにとっても大きな局面を迎えたということでしょう。

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?138話まとめ

 

今回は、「最強の王様、二度目の人生は何をする?」138話のストーリーと感想をざっくり紹介しました。

 

アーサーはきっとキレてる…。テシアのボロボロの姿を見たらさらに…!

 

 

最強の王様、二度目の人生は何をする?単行本も発売中!

 

人気作につき単行本発売中!(2022/01現在2巻まで)

 

電子書籍―¥770

紙媒体―¥1,034

 

お気に入りは紙で持っておきたい!という人はamazonや楽天ブックス等で購入できます

 

amazon

楽天ブックス

 

 

電子書籍の購入はこちらからもできます

 

ebook 

初回ログインで6回まで有効な

半額クーポンがもらえる!

BookLive!

無料会員登録で

50%OFFクーポン

コミックシーモア

無料会員登録で

50%OFFクーポン

まんが王国

無料漫画や読めるページ数が多い

(じっくり試し読み)

楽天Kobo電子書籍ストア  
関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


トラックバック
トラックバックURL